Doorkeeper

Media-JAWS 【第8回】「AWS人材教育について語る!」

2021-01-14(木)20:00 - 22:00
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

一般参加 無料
LT枠 無料
ブログ書く枠 無料
運営用 無料

詳細

参加方法

Amazon chime を使用します。
参加のためのURLは参加申込していただいた方々にメールでお伝えいたします。
doorkeeperに登録されているメールアドレスをご確認ください

概要

今回はクラウドネイティブ人材の育成について、具体例を交えたセッションを行います。

メインセッションは今年の夏に行われた「AWS × IMAGICA Lab.合同新卒トレーニング」について、
第一部は、企画運営を行なった蜂須賀 大貴氏より、企画者視点での狙いを解説!
第二部は、座談会形式で実際に参加したAWS、IMAGICa Lab.双方の新入社員を加えて、皆さんの質問にお答えします!

日時

2021年1月14日(木)20:00~22:00(運営準備開始19:30)

場所

Amazon Chimeによるオンライン開催 (URLは参加者に後日ご案内)

アジェンダ

Timeline Title Speaker
20:00 - 20:10 Media-JAWSとは MediaJAWS 運営
20:10 - 20:40 第一部:「チーム全員資格保持者!IMAGICA Lab. のAWS人材教育~AWSとの合同研修について~」 IMAGICA Lab. 蜂須賀 大貴さん
20:40 - 21:00 第2部:「合同研修参加者に大質問会!」 AWS、IMAGICA Lab. 合同研修参加者
21:00 - 21:10 LT1:
半年でチーム内外でプラクティショナー合格者が10人くらい出た話
北海道テレビ放送 ネットデジタル事業部 三浦一樹 さん
21:10 - 21:20 LT2:
研修講師をする際に
大切にしていること
某伝統的日本企業 hirosys さん
21:20 - 21:30 LT3:
withコロナ時代のクラウドエンジニア育成で嬉しかったこと
トレノケート株式会社 技術教育エンジニア AWS認定インストラクター Hiroyuki Ebihara さん
21:30 - 21:50 今日の学びのふりかえり MediaJAWS 運営
21:50 - クロージング Media-JAWS 運営
---- 懇親会

終了後オンライン懇親会を予定しております。ぜひご参加ください!

得られるアウトカム

  • 組織やチームにどうやってAWSに慣れてもらうかのヒントがわかる
  • 他社の事例をもとに自社の現時点がわかる
  • 懇親会を通して相談する相手を社外に見つけることができる

登壇者のご紹介

2012年、株式会社IMAGICA(現:IMAGICA Lab.)に新卒入社。
インフラエンジニア(AWS資格保有)、PjMなどを経て現在、9名のスクラムチームにおいてプロダクトオーナーを務める(CSPO:認定スクラムプロダクトオーナー)。
また、Developpers Summit 2020登壇、Developers Boost2019 ベストスピーカー賞 第二位など、主にアジャイル開発や働き方改革の領域で年間20件超の講演、ワークショップを実施。自身も複数のイベント、コミュニティー運営を行う。

  • 飯島 萌子さん / アマゾンウェブサービスジャパン株式会社

  • 赤間 健人さん / 株式会社IMAGICA Lab.

  • 柳川 麻輝さん / 株式会社IMAGICA Lab .

  • 安ヶ平 恵さん / 株式会社IMAGICA Lab.

JAWS DAYS 2021 申し込み受付中!

JAWS DAYS 2021 re:Connect 2021年3月20日(Sat) オンライン開催決定、申し込み受付中!
申し込みページ: https://jaws-ug.doorkeeper.jp/events/115023
イベントサイト: https://jawsdays2021.jaws-ug.jp/about/

ハッシュタグ

Media-JAWSは、実況、拡散、大歓迎です!
参加表明、当日の実況、レポートは #jawsug #mediajaws でぜひ拡散ください!

コミュニティについて

Media-JAWS

Media-JAWS

■Media-JAWS(メディアジョウズ)の説明 Media-JAWSは、例えば急激なトラフィック処理や映像や画像のワークロード処理、セキュリティ対策など、放送・ラジオ・新聞・雑誌・Web・SNSなどのメディア特有の性質が求められるサービスを、AWSを活用してどのように構築・運用しているか、といった情報交換や、交流の場として活用される勉強会です。 開催頻度は、3ヶ月に一度を目標にしていま...

メンバーになる